レーシック手術を受けた人は運転免許にはどう申告すればいいの?

運転免許を取得するには、一定以上の視力が必要です。
普通自動車であれば片目で0.3ずつ以上、両目で0.7以上なければいけません。
大型免許になるとさらに上がって、片目で0.5ずつ以上、両目で0.8以上になります。
原付の場合は少し基準が下がって両目で0.5以上あればOKです。
この基準を満たせない場合はコンタクトレンズやメガネなどで視力を補わなければならず、コンタクトやメガネをかけないと運転はできないことになっています。
これが条件付免許です。
免許証の条件欄を見ると、「眼鏡等」と書かれていますね。

では、レーシックを受けて視力が回復した場合はどうなるのでしょうか。
そう、条件解除です。
条件を解除すればメガネやコンタクトレンズなしで運転ができるようになります。

この手続きをするには運転免許センターや警察署などで運転免許証の条件解除申請をした上で適性検査を受ければOKです。
申請・適性検査といっても大したことはありません。
申請は簡単な書類を書いて出すだけで終わりますし、適性検査は視力検査だけです。
写真や証明書なども必要ありません。
費用も無料です。

手続きは当日中に行われ、裏面に条件が解除された旨が記載されておしまいです。
あまりにあっけないので、拍子抜けするかも知れませんね。
条件解除の記述は次回免許を更新するときに変わります。
住所変更の時と同じです。
ただのハンコなので雨などに濡れるとにじんでしまいますから、取扱に注意しましょう。

ちなみに女医宇検解除の手続きや視力検査はいつでもいけばすぐにできるわけではありません。
特に視力検査は、免許更新者に混ざって行う形になりますので、必ず時間や場所を確認して余裕をもって出かけるようにしてください。
それから、すでにレーシックで視力を回復していても、免許の書き換えをせずにメガネ・コンタクトなしで運転をすると交通違反になります。
減点2点で5千円から9千円の罰金を納めなければいけませんので、注意しましょう。

Copyright (C) 最新眼科治療 All Rights Reserved.