レーシックを受けた時プールには入れるの?

レーシックは目というデリケートな部分に施す手術です。
そのため、術後しばらくは目をしっかりと保護してやる必要があります。
手術が終わった日は入浴も制限されますし、テレビやパソコンなども使わないことが望ましいです。
飲酒やハードな運動なども制限されます。

運動は血行を促進しますし、衝撃があります。
また汗が目に入ることが予想されるため、ある程度回復してから徐々に許可されることが一般的です。
具体的にはジョギングやストレッチ、ゴルフ、ヨガなどの軽い運動は一週間程度で許可が下ります。
もっと汗をたくさん流し、衝撃の強い運動にあたる野球、サッカー、バスケットボール、テニスなどは1ヶ月程度が必要です。

では水泳はどうでしょうか。
検診の結果にも寄りますが、一応の目安は1ヶ月程度となっています。

水泳の場合、多量の水に目をさらすことになりますので、角膜の傷が十分治っていない状態だと感染症になる恐れがあります。
また、プールの水は消毒用の塩素が入っているため、刺激が強くなっていますし、海水浴は塩水です。
1ヶ月過ぎて許可が出たとしてもしばらくは長時間の水泳は避けるようにし、ゴーグルで目を保護、さらに終わったら十分目を洗い、目薬などでケアをすることが望ましいです。

またないとは思いますが、連なって泳ぐ場合、前の人に蹴られてしまう危険があります。
レーシックを受けた角膜は強度が落ちていますので、数ヶ月の間は大事を取って目への衝撃は避けるべきです。
同様の理由で顔へ直接の打撃を受ける格闘技は特に注意が必要です。
健康な人でもプロボクサーなどは網膜剥離を起こすくらいですからね。
衝撃に強いラセック手術などの術式を選ぶようにし、クリニックと十分な相談をした上で行うことをオススメします。

水泳は目の悪い人には大きなストレスのかかるスポーツです。
度の入ったゴーグルやコンタクトレンズを使う選択肢もありますが、やはり裸眼で過ごせる快適性にはかないません。
レーシックが水の中の世界を堪能できるようになるきっかけになるといいですね。

Copyright (C) 最新眼科治療 All Rights Reserved.