レーシック手術のあと目薬がとてもしみる

レーシックの手術が終わった直後は、まぶしかったり見え方に違和感を感じることもありますが、一晩寝るとだいぶ落ち着いてきます。
ただ、角膜につけた傷がきちんとふさがり、視力が落ち着くのはもう少し先になります。
早い人で1週間後くらいから、長い人だと数ヶ月かかっても違和感がつづくという人もいます。
そういうときはレーシックを受けたクリニックで再検査をしてもらいましょう。
それで問題がなければ個人差ですから、気長に回復を待っても問題はありません。

レーシック施術が終わると、クリニックから1週間前後分の目薬をもらいます。
これは眼の乾燥を防ぎ、感染症を防ぐための目薬。
頻繁にさすことを指示されますが、サボらずにきちんとさしましょう。

この目薬は、あまりしみないという人もいれば、とてもしみるという人もいます。
こんなにしみるなんておかしいんじゃないかと不安に思う人がいるかも知れませんが、心配はありません。
切り傷に消毒液を掛けたらしみるのと同じこと、虫刺されにアンモニア水を塗ったらしみるのと同じことです。
普通は2,3日後からしみる痛みが和らぎ始め(痛みになれてくるんでしょうね)、フラップをつくるためにつけられた角膜の傷がふさがってくる1週間後にはかなり引いてきます。
もっとも回復が遅い人はここまでくるのに1ヶ月程度かかることもありあす。
1ヶ月使い続けても症状の改善が見られない場合は、クリニックに相談すると良いでしょう。

一番いけないのは、痛みがひどいからといって自分の判断で目薬の使用を止めてしまうことです。
どうしてもきついなら、一度クリニックに相談しましょう。
結膜炎などの感染症になってしまったり、結膜炎から角膜炎など失明の危険がある病気に進んでしまっては大変です。

冬場の寒くて乾燥した時期や、春や秋の花粉が飛ぶ季節は、何かと目に負担を掛けることになりますので、回復が遅くなることも考えられます。
こういった季節を避けるのも、眼の回復を早めるポイントになるかも知れませんね。

Copyright (C) 最新眼科治療 All Rights Reserved.