レーシックをしたら、マスカラはできるのか?

レーシック手術前の検査であれば化粧は通常通りにできます。
ただし、目元のお化粧「アイメイク」は控えるように指示されます。
手術を受けると1週間はアイメイクはしないように指示されます。
クリニックによってはお化粧自体にかなりの制限をかけられることもあります。

これは目をこする、目に圧力やショックを加えることでフラップがずれることを避けるため、そして細菌感染を防ぐためです。
とはいっても、レースクイーンなどお化粧をしなければ仕事にならない人もいますよね。
そういう人は、術後の経過を見つつ、クリニックと相談しながらやっていくことになります。

一般的には術後1週間以内は目より下のお化粧しか許可されません。
化粧水、美容液等は使えますが、目元には使えません。
口紅等は問題ありませんが、ファンデーションも粒子が飛んで目に入ってしまう可能性があるため制限されることがあります。

目をぬらすことも許されないため、ジャバジャバ洗う洗顔や洗髪もNGです。
どうしても顔を洗うのであれば拭き取り洗顔、どうしても髪を洗うのであれば美容院のように仰向けでやる洗髪や、目元を保護しつつ行う洗髪をやることになります。
アイメイクは原則禁止。
どうしてもというのであれば、相談の上アイブロー程度までは許可されることもありますが、マスカラはまず無理です。

特にマスカラはまつげという最も目に入りやすい部分での化粧です。
日々進歩しているとはいえ、水に濡れたりすると落ちて目に入ってしまう可能性があります。
また目に負担を掛けずにマスカラを落とすのはほぼ不可能ですから、やはりレーシックには好ましくないというわけです。

術後1週間を過ぎて特に問題が見られないようであれば、洗顔・洗髪・アイメイクを含めた化粧が全面的に解禁されます。
もちろん、術後経過によるので角膜の修復が遅れている人ではれば引き続き制限される可能性はあります。
勝手な判断で行うことがないよう、くれぐれもクリニックの指示に従うようにしてください。

Copyright (C) 最新眼科治療 All Rights Reserved.