レーシック手術をした後は市販の目薬はつかえるの?

レーシック手術を受けると、しばらくの間は毎日決まった時間に目薬をさす必要が出てくるのです。
角膜に傷が入った状態ですので、感染症・眼病を予防する目的があるのはもちろん、ドライアイによる目の炎症等を抑えることが必要だからです。
クリニックからもらう目薬は大抵、施術代に含まれており、術後の定期検診の度にもらえるのでそれを使えば問題ないでしょう。

では、市販の目薬を使いたい場合はどうでしょう?
家にあるので使ってしまいたい場合や、持ってくるのを忘れてしまい疲れ目やドライアイを感じた時、ドラッグストアなどで購入して使ってしまってもよいものでしょうか。
施術後の回復具合は個人差があるので絶対とは言えませんが、基本的には手術後1週間もすれば使っても問題ないとされています。
ドライアイ専用の目薬であれば特に何を使っても問題はありません。
ただ、できれば防腐剤や着色料といった余計な添加物が入っていない使い捨てタイプのものを使うことが望ましいです。

疲れ目対策用の刺激の強い目薬の場合はどうでしょう?
レーシックを受けた後しばらくは慣れるまで疲れ目になりやすいですから、目薬をさしたくなることもありますよね。
これも用量や用法を守って使う分には特に問題はないのですが、爽快感が強いタイプの目薬は施術前に増して刺激を強く感じる場合がありますので、それだけ注意しましょう。

最後に点眼薬ではなく洗眼剤については、少なくとも1ヶ月は使うのを控えましょう。
使いすぎるとかえって目が荒れてしまうこともあるのです。
クリニックの指示に従い、適切な使用をすることが大切です。

目薬や洗眼剤を使う時もう一つ注意したいのは、拭くときなのです。
目をこするのは厳禁ですから、タオルを軽く押し当てて水を吸わせるような拭きましょう。
ごしごしこすったり、繊維が眼に入ってしまうティッシュを使ったり、不潔なタオルを使うといったことをするとトラブルの原因になります。

Copyright (C) 最新眼科治療 All Rights Reserved.