老眼の人でもレーシックは効果的なのか?

レーシックは近視・遠視・乱視の人に裸眼で生活する快適さを提供してくれる先進医療です。
高い安全性が確保されている上に、料金も安くなってきているので日本でもいよいよ本格的な普及が見込まれます。

さて、視力といえば近視・遠視・乱視とともに忘れてはいけないのが老眼です。
老眼は水晶体が衰えることによって起こる視力低下で、40代を過ぎた辺りから少しずつ進んでいきます。
おじいちゃん・おばあちゃんが老眼鏡をかけつつ、書類などを遠目で見ているのを見ると、可哀想になりますよね。

この老眼ですが、基本的にはレーシックで改善することはできません。
なぜならレーシックは角膜の厚さを変えることによる視力の回復だからです。
近視や遠視、乱視といった視力障害は角膜周辺で起こる屈折率以上なのでレーシックで治せます。
しかし老眼はこれとは原因が違います。

老眼鏡を使わずに視力を回復させようとする場合、今考えられるのはものビジョンレーシックやアキュフォーカスといった手術になります。
ビジョンレーシックは一方を遠くを見る用、もう一方を近くを見る用という具合にピントをずらすことで、遠近両方の「両目視力」を確保する手術です。
もっともこれはあくまでも両目視力を確保する手術です。
片目ずつだと一方は遠くが見えず、もう一方は近くが見えなくなります。
目が疲れやすくなったり、乗り物酔いなどになりやすくなる可能性は否定できません。

アキュフォーカスは目そのものの視力を回復するのではなく、特殊なレンズを埋め込むことで老眼の矯正を目指すものです。
要は目の中に老眼鏡を入れてしまうということですね。
遠くを見る際の視力と近くを見る際の視力の兼ね合いが重要になります。

老眼鏡の手軽さをとるか、メガネの要らない毎日をとるか、むずかしいところですね。
なお、いずれの場合も年齢制限がある上、眼病を患っていたり、過去にレーシックを受けたことがある人は受けられないことになっています。

Copyright (C) 最新眼科治療 All Rights Reserved.