レーシック手術のあとのアイメイクの方法

レーシック施術後は1週間程度、目に水がかからないようにすることと、ショックや圧力をかけないことが指示されます。
特に横方向への圧力や衝撃は、せっかくつくったフラップがずれてしまう可能性が高いだけに厳禁です。
一般にフラップは4日後程度から接着力を強め始め、1週間程度でだいたい落ち着いてくるといわれています。
軽い運動や市販の目薬を使うことが許可されるのが1週間後というのは、こういったことからきています。

目の周辺のお化粧=アイメイクも早くても施術から1週間程度はまってから行うようにしたいものです。
アイシャドウ、アイライン、マスカラ・・・いろいろありますがこれを禁止されるのは、目に触って欲しくないからです。
クリニックによっては寝ている間に無意識に目をこすってしまうことを避けるために、テープで固定するタイプのアイカバーを渡されることもあります。

同時に1週間絶対に避けたいのがクリニックで渡された目薬以外のもので目をぬらしてしまうこと。
そのため、1週間は目に水を入れる洗顔や洗髪を禁止されます。
これに引っかかってくるのが、アイメイクをすることより、アイメイクを落とすことです。

最近のアイメイクはとにかく落ちないことをコンセプトに作られたものが増えてきています。
そういったタイプのアイメイクを、拭き取り洗顔だけで落とすのには無理があります。
それにどうやってもまぶたの上から目をこする作業が出てきます。
特に施術直後はせっかくつくったフラップがずれてしまいますので、やめたほうがよいでしょう。

ある程度の化粧は身だしなみ、仕事の一部と心得ている方でどうしてもアイメイクにするという場合は、上記を踏まえて最低でも1週間以上たってから。
これもあくまでも目安ですから、施術してもらったクリニックで実際に目の状態を見てもらっての判断を仰いだ方が良いでしょう。
その際選ぶのは、なるべく拭き取り洗顔だけで落とせるものにすると良いでしょう。

Copyright (C) 最新眼科治療 All Rights Reserved.