レーシック後に装着できるコンタクトレンズの種類

レーシック手術で視力が回復して、それまで長い付き合いをしていたコンタクトレンズにサヨナラをする人がいるかと思えば、さらに別のコンタクトレンズを使う人もいます。
カラーコンタクトレンズ、カラコンです。

クリニックではだいたい術後1ヶ月からカラコンを使っても良いこととしていますが、できることなら使わないで欲しいというのが本音のようです。
実際、コンタクトレンズの利用者は大半がコンタクトレンズの使用による目の不調を体験したことがあり、そのうちの何人かは眼科に行き、眼病・感染症の診断を受けています。
通常の視力矯正用コンタクトレンズは厳しい規格が決まっていますが、カラーコンタクトレンズはそうではないため、形状が粗雑だったり、酸素や水分の透過率が低かったりと低品質のものが安価に販売されています。
こういった粗悪品を使うと、目の表面に傷がついてしまうなど、当然目の調子が悪くなってしまいます。

特に注意したいのがハードタイプ。
レーシックは角膜を削っていますので、ハードタイプは形状の都合、ピッタリフィットしないことがあります。
このズレが違和感を生み、目を傷つけ、最終的には目の感染症を引き起こしてしまう原因にもなるのです。
こういったことを防ぐためにもソフトタイプで目に直接色素が触れないなど、高品質なものを選ぶようにしたいものです。

当たり前のことですが、一般のコンタクトレンズ同様、正しい装着方法で付け、メンテナンスを丁寧確実に行うこと。
またレーシックを受けるとどうしてもドライアイになりやすい傾向がありますので、目薬も常備して乾燥してきたと感じたらいつでもさせるようにしておきたいものです。

視力は回復しているわけですから、カラコンが本当に必要なのは人前に出るときだけですよね。
そこで必要な時以外は付けないようにし、できる限り目の負担を減らしてやるなどの工夫も大切になってきます。
最近ではカラコンを使う人が増えているので、レーシックを施術してくれるクリニックでもその予備知識を持っています。
どんなレンズを選ぶべきか、使用上の注意についての詳細などについて、少しでも分からないところがあれば、遠慮なく聞いてみてください。

Copyright (C) 最新眼科治療 All Rights Reserved.