レーシックを受けた後カラコンは大丈夫なのか?

最近、若年層に右目と左目の色が違う人がいます。
カラーコンタクトを入れているんですね。
この数年、カラーコンタクトは色のバリエーションが増え、値段も安くなりました。

さて、レーシックで長年のコンタクトレンズから卒業する人はたくさんいるでしょうが、今度はカラコンを入れようと考えている人も同様に多いのではないでしょうか。
では、レーシックを受けた後カラーコンタクトを入れることはできるのか、クリニックの見解をまとめてみます。

術後経過にもよるところはありますが、クリニック側としては基本的に術語1ヶ月後からの装着を認めています。
レーシックを受けた角膜が、術前と全く同じ強度になることはないのですが、1ヶ月も経てばほとんどの場合、日常生活に必要な強度は備えています。
カラコン装着可能な期間を1ヶ月後と定めるクリニックが多いのには、こういった背景があるようです。

もっとも、できることならカラコンは使わないで欲しいというのが、クリニック側の本音のようです。
カラコンに限らず、コンタクトレンズは目に毎日挿入する異物です。
洗浄・メンテナンスをきちんと行っていても、使っていない人に比べれば感染症になる格率はかなり高まります。
また、レーシック後の角膜は形が変わっています。
そのため、普通の目を基準につくったコンタクトはフィットしないことがあります。
ソフトレンズタイプであればまだ柔軟性がありますが、それでもハードタイプに比べれば、というだけの話。
目に傷を付けてしまう危険は十分あります。

また、カラコンは通常のコンタクトレンズに比べて、つくりが雑なこともあります。
値段だけを見て安価なカラコンを使うことは、後々取り返しの付かない目のトラブルを発生させる原因にもなります。
好みの色であることはもちろん、メーカーの信頼性など総合的に判断した上で購入・使用するようにし、何かトラブルがあった場合は小さなものでもそのままにせず、クリニックや眼科医に相談するようにしてください。

Copyright (C) 最新眼科治療 All Rights Reserved.