乱視でもレーシック手術は受けられるのか?

近視・遠視と並ぶ視力障害が乱視です。
乱視は角膜などのゆがみによって光の屈折がずれることで、ものが正常に見えなくなる視力障害です。
人間に限らず動物は全て多少乱視気味なのですが、それを脳が補正をかけて正常に見えています。
ただ、光の縦軸と横軸がずれていると2カ所以上で焦点を結ぶことになり、ものが多重に見えます。
こうなると何かしらの処置をしないと生活に影響が出てきます。

近視や遠視に対しては盛んにCMを売っているレーシックですが、乱視についてはあまり聞かないですよね。
遠視はレーシックでは治せないのでしょうか。
いいえ、ちゃんと治せますよ。

そもそも近視・遠視・乱視というのは、どれも角膜などの屈折異常のせいでピントが上手く合わずものがよく見えないという視力障害。
焦点のズレ方こそ違うものの、大きな原理は全て同じです。
近視だろうが遠視だろうが乱視だろうがコンピュータで原因を解析し、レーザーでピントを修正してしまえば見えるようになります。
角膜の削り方が違うので、対応できる強度の違いはありますが大筋は同じなのです。
こちらにレーシックの種類が載っていますので参考までにご覧ください。

もっと言えば、もしも近視・乱視・乱視が混ざっていたとしても一度に全部治すことができるのです。
ちなみに乱視の場合は角膜の歪みを均一にする必要があるため、処理が近視より複雑になります。
そのため角膜のひずみをコンピュータで性格に測定して対処するウェーブフロントレーシックのような術式を使うことが一般的です。

ウェーブフロントレーシックは角膜のひずみ測定はもちろん、レーザーによる修正もコンピュータで行われます。
人間の手でやるのと比べものにならない精度で行いますので、失敗はまずあり得ません。

最新のレーシックではコンタクトやメガネを使って矯正できるレベルの乱視であればすべて矯正することができると言われています。
ただ、近視・遠視同様、角膜の厚みが足りない人や、乱視の度数が強すぎる人はレーシックを受けられないことがあります。
術前の適応検査で分かりますがこればかりは運次第、良い結果が出るようにお祈りしておきましょう。
レーシック前に気をつけることはこちらを参考にすると良いでしょう。

Copyright (C) 最新眼科治療 All Rights Reserved.