レーシックが受けられる年齢には制限があるのか?

レーシックの年齢制限を定めた法律は今のところありません。
しかしほとんどのクリニックは独自にレーシック手術に年齢制限を設定しています。
その年齢幅というのが18歳から65歳(クリニックによっては60歳の場合もあります)。
これにはきちんとした理由があります。

まず18歳以下は受けられない理由から。
未成年ですからレーシックのようにお金がかかり、自己責任で行うことは当然一人で決めることはできません。
本当にレーシックを受けるべきか、メガネやコンタクトではダメなのか、リスクをきちんと把握でき、そこに対して責任を負うことができるか、といった資質が揃うまで施術を請け負わないということです。

18歳未満の子供がレーシック対象外である理由はもう一つあります。
それは子供の場合、視力がまだ安定していないからです。
たとえその時の視力がレーシックで矯正されたとしても、その後さらに目が悪くなってしまえばその後の生活に大きな支障が出ます。
30代の方なら分かると思いますが、10代・20代の頃って半年に1回とか1年に1回とかメガネを作りかえていましたよね。
それが30代になってから、メガネが壊れたりイメチェン目的で作りかえるときも同じ度数で作りませんか?
これが視力の安定です。

次はレーシックの上限年齢です。
この背景には白内障や緑内障といった高齢者の眼病があります。
白内障・緑内障、あと老人の視力障害の大半を占める老眼はレーシックでは治せません。
治せないばかりか刺激によって潜在していた眼病を進行させてしまうリスクもあります。

白内障・緑内障・老眼になっていない人の場合で、近視や遠視を治したいという人の場合でも基本的にはレーシックは受けられません。
若い人ほど快復力がないため、傷つけた角膜の回復に時間がかかったり、感染症にかかる率が上がってしまうためです。
ほとんどの場合、視力が安定した状態でレーシックを受ければ一生近視や遠視に悩むことはなくなります。
しかし年齢を重ねてしまうと、老眼と近視、老眼と遠視というように複数の視力障害を持つ可能性も出てきます。
今メガネやコンタクトをしている人は、将来のためにレーシックを考えてみてはいかがでしょうか。
レーシックにかかる費用はばらつきがあるので、いろいろな情報を集めてから行うことをおすすめします

Copyright (C) 最新眼科治療 All Rights Reserved.